鹿児島の調査

今回も寺田研究室の助けのおかげで、測機アレーの設置と回収がうまくいきました。アマモ場の溶存酸素濃度や、光量子、水温、塩分や水深のデータをとりました。今回はADVまでつけてみました(M岡さん、ありがとう!)。

木村君が光量子計を設置しています。

寺田先生はスタンドバイしています。

コメント

このブログの人気の投稿

RStudioとggplot():プロットができないとき

とても忙しい一週間

新年度は新上五島町へ