RStudioとggplot():プロットができないとき

いま、RStudioを統計学の講義で使っています。ggplot2, plyr, とreshape2のパッケージも紹介して、多くの学生は上手に使えています。ところが、日本語入りの図をつくって、knitするとよく膨大な警告がでてきます。

それを解消するため、このコードをRmdファイルの一番目のコードブロックにいれてからknitさせています。

options(device = function(file, width = 7, height = 7, ...) {  cairo_pdf(tempfile(), width = width, height = height, ...)})


ところが、このコードを使うと、時々RStudioのプロットパネルに図が出てこないことがあります。dev.off()など使えば解消できることもあったが、しつこいケースもありました。

いろいろ調べたところ、このコードを通常に使っているときに実行し、プロットなどをしようとすると、問題が出てくることがわかった。

dev.list()をすると、RStudioGD やpng のデバイスが表示されない場合、RStudioGD()を実行すればもとおりになります!

ということで (コピーペ用)、

dev.list() # を実行します。ここで、RStudioGDの表示がなければ、つぎのコードを実行してください。
RStudioGD() # これでもとどおりになるとおもいます。
コメントを投稿

このブログの人気の投稿

新年度は新上五島町へ

今年度の研究室は今まだ一番大きい