投稿

1月, 2009の投稿を表示しています

TTシンポ

前回ブログで紹介したテニュアトラックシンポジウムの細かい内容がわかった。

改めて紹介します。

科学技術振興調整費「若手研究者の自立的研究環境整備促進プログラム」(平成19年度採択)
長崎大学テニュア・トラックシンポジウムー志と覇気にあふれた若者が集う大学を目指してー

日時:2009 / 02 / 16 (月) 14:00〜
場所:長崎大学総合教育研究棟2F 多目的ホール

プログラム
14:00 挨拶
14:05 若い研究者からブレークスを引き出すために
14:45 優れた人材を確保するテニュア制度:米国のテニュア制度にみる
15:25 若手研究者の自立的研究環境プログラムにおけるテニュア・トラック制度
16:05 長崎大学におけるテニュア・トラック制度
16:35 閉会挨拶

研究者へのみち

研究者になるためには苦労してきたな。先の見えない日々でした。多くに人は2・3回以上PDをし、そのうえ運とタイミングがよければポスト獲得。センターのK原さんは一般の人と違ってたったPD1回で、琉大のTT助教ゲット。去年からペーパーをたくさんだしたのが一番よかっただろう。すごいな。毎日研究をして、泡盛のんで、テビチとソーキソバをたべて南国ライフを楽しんでください。そのうちに、20℃きったら寒いとおもいはじめるよ。

K原先生おめでとう。

=--=

One of the things about becoming a scientist is the long road you need to follow. In most cases, you end doing 2 or 3 postdocs before you land a spot in the other side. One our PDs at the center has found that spot and will be a PD no more. After just 1 PD and flurry of great papers she will be going to the University of the Ryukyus, where she will on the tenure track. Congratulations!

BTW, in the tenure track is a rather new concept in Japan that I will discuss in the near future.

本の紹介

イメージ
やっと届いた流体力学テキスト。

"Statistical Fluid Mechanics: Mechanics of Turbulence" Vol 1 & 2.
1961年にはじめてUSSRで出版された「Статистическая гидромеханика」というテキストです。著者はDr. A.S. MoninとDr. A.M. Yaglom。



Statistical Fluid Mechanics: Mechanics of Turbulence Vol. 2



Statistical Fluid Mechanics: Mechanics of Turbulence Vol. 1

cups, pstops, epson color laser printers

最新Versionはここ

先週、あまり考えずにUbuntuのUpgrade Managerの更新をOKしちゃいました。もちろん、CUPSも更新された。ほとんどのばあい、このような更新から問題の発生はない。ところが、今回の更新のせいでPCをぶっ飛ばそうとおもった。あ〜〜イライラした。なんと、印刷ができなくなり、二日間かけてやっと印刷ができるようになった。

最初はEpson-LP-S5000-fm3.ppdファイルと新CUPSの相性がわるいとおもって、PPDを修正した。参考はりんく:http://linuxfoundation.org/en/OpenPrinting/PDF_as_Standard_Print_Job_Format

書き換えたラインは:
*cupsFilter: "application/vnd.cups-postscript 0 foomatic-rip"

新しいラインは:
*cupsFilter: "application/vnd.cups-postscript 100 foomatic-rip"
*cupsFilter: "application/vnd.cups-pdf 0 foomatic-rip"
にかえました。

ところが、これでは解決できなかった。

CUPSのerror_logをみると、かならず

D [22/Jan/2009:08:52:16 +0900] [Job 319] Starting renderer with command: "pstolps5000.sh Copies=1 Collate=on InputSlot=autoselection TonerSave=false MediaType=normal PageSize=a4 XY600=4960x7016 Rotate=90 Resolution=300dpi Color=color Duplex=None"

のようなouputのあとに、

D [22/Jan/2009:08:52:18 +0900] [Job 319] Usage: pstops job-id user title copies options [file]
D [22/Jan/2009:08…

R:NY Timesの記事

1月6日のThe New York TimesがRについて記事をだしています。GoogleやPfizer,Merckなどの会社も使っているそうです。やはりこのようなOpen Sourceのソフトは重要になるんではないかと考えています。興味があれば記事を呼んで見てください。

=--=
The New York Times just published an article about R a few days ago. If you're interested, have a read.

R

SSH Tunnel + Socks Proxy

年末のため、家で仕事などをしています。メールよんだり、論文を検索したりしています。ところが、学外からは論文の要旨しか読めない。PDFのダウンロードなどもできない。

でも、ここSSHをうまく使えばまったくもんだいない。

SSHというものは暗号などをつかってリモートPCとの通信するプロトコールです。僕は家から大学のPCにつながりたいときはOPENSSHを使っています。また、SSHをつかって大学のサーバとのトンネルをつくり、SOCKS Proxyをたちあげて、Firefoxを大学のサーバをとうしてInternetをみています。この方法だと、見たいサイトは大学のIPアドからアクセスしているとおもわれる。ようするに、家のPCの本来のIPアドよりも大学のIPアドをつかっているようにみせる。

説明しずありので、リンクを参考にしてください。取り合えずその方法を紹介します(Linuxの場合)。

0)ターミナルをひらく
1)大学のサーバとつなげる(長崎大学の場合)。
ssh -D 9999 username@usr.net.nagasaki-u.ac.jp
2)Firefox(v3.0.5)のProxyの設定を買えます。
Edit→Preferences→Advanced→Network→Connection(Settings)
ここで、Manual proxy configurationを選択してください。そして、SOCKS Hostの欄にlocalhostを記入してください。Portの欄には9999を記入してください。「OK」をクリックしたあと、完了です。

IPアドが変わったかどうかをたしかめるためにはここへ:http://www.ip-adress.com/

これで、論文などを家のPCかれでもダウンロードしてよめます。

=--=
I've been doing alot of work at home during the holidays. However, in order to download pdfs of journal articles, I need to use an IP address that is associated with the University. Otherwise, I can only access the abstracts. To circumve…