西表島:設置作業など

出動した僕と木村は、ウミショウブ場の確認をしながら測機の設置場所も探してみました。




今回の天候はおととしと同じで、何回もスコールがきました。海にいたほうが温かかったので、テンマセンに待機していたCO、高谷先生と岡村さんは寒かったとおもいます。



なぜかよくわからないのですが、今年のウミショウブは結構枯れていて、測器のいい設置場所を探すのは時間かかった。



今年のウミショウブ場はこのような状態です。



明日か明後日にでも、再確認をして鹿児島大学から来たタタミダニの調査も開始したいとおもいます。
コメントを投稿

このブログの人気の投稿

RStudioとggplot():プロットができないとき

新年度は新上五島町へ

Epson LP-S5000のインストール (Linux)