CastAwayを活用

松岡先生の研究室も今年の航海に参加しています。社会人ドクターの筒井さんは西表島で、泥や植物プランクトンの採取をしています。


都合がよかったので、位置らの簡易CTD (オレンジ色の物体) を使って、舟浮湾の塩分と水温の鉛直プロフィルをとりました。岡村ちゃん、畳谷くん、Pちゃんと高月くんが作業してくれました。


いつも、浅瀬にしかCTDを使わなかったので、今回初めて水深20mを超えました。長崎丸のすぐそこの海底は水深54mでした。
 

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

RStudioとggplot():プロットができないとき

新年度は新上五島町へ

Gmail and mailto