西表島:測器設置に

今夜、00:00時に台風が通過する予定です。舟浮湾は写真の通り、曇り空ですがまだまだナギなので、測器の設置のために出れるようになりました。



船員らは5号艇の準備、調査隊も出動の準備。


準備OK!
今回使う測器は全部データロガー式なので、準備と設置は単純作業。調査隊は5号艇にのり、藻場の近くに移動します。そして、テンマ船にのり、クイラ川の河口域へ。移動中は藻場の位置を確認しながら、いつもの場所に移動する。





ところが、前年度とくらべ、ウミショウブ場の確認は難しい。いつもなら、見えるはずなのに、今年は全くどこにいるかがわからないので、私と木村は潜ることになった。



コメントを投稿

このブログの人気の投稿

RStudioとggplot():プロットができないとき

新年度は新上五島町へ

今年度の研究室は今まだ一番大きい