会議などにつかってみたいな

arXivにこのような論文をみつけました。"数百ミリ秒程度の遅延を加えて話者の聴覚に音声をフィードバックする"ことによって、発話の阻害ができるそうです。これはつくば大学の栗原らが発明した装置です。



いつか、会議にでも使ってみたいね。

コメント

このブログの人気の投稿

とても忙しい一週間

RStudioとggplot():プロットができないとき

新年度は新上五島町へ