Dr. Liuにあったが、Dr. Hwangにあえなかった

NTOUにはいつもよくしてくれる大先生がいます。大先生のDr. Hwangは学部長なので、とても忙しい。今回あえるのかな、とおもったが残念ながらだめだった。が、微生物を研究しているDr. Liuにはあえた。Liu先生はわれわれの講義にも出席してくれた。

講義後、「今夜は台北のおいで」といわれて、そのよるMr. HuangとMr. Kongが僕たちを台北まで連れて行ってくれた。

台北101のパノラマ写真です。



Dr. Liu夫婦と食事。ディムサムは最高!


魚類のいついて熱心の話し合うMr. Huang and Dr. Kawabata。


釈迦頭という熱帯フルーツ。英名はSugar Apple、学名はAnnona squamosa。なきには黒い種がたくさんあって、表面は凸凹している。果実はクリーム色でとても柔らかい。Liu先生の家(豪邸)でいただいたが、とてもおいしかった。

コメント

このブログの人気の投稿

とても忙しい一週間

RStudioとggplot():プロットができないとき

新年度は新上五島町へ