長崎大学海洋環境科学情報発信シリーズ 「海と地球と人と」

来月5月16日(水)12:40~16:30に、長崎大学主催のセミナーを東京にある日経ホールで行います。今回の基調講演は東京大学名誉教授養老孟司さんです。


長崎大学海洋環境科学情報発信シリーズ

「海と地球と人と」

いま考える東シナ海の未来 

~その知られざる魅力と忍び寄る環境危機~

東シナ海は、日本にとって最も重要な海洋資源の供給場所の一つです。しかしその環境は大きく変動し、生物資源も急減しています。私たちがこの海域を、またその資源を持続的に利用するために、今こそ東シナ海の現状を見つめなおし、その将来を考えることが必要です。環境を保全し、生物多様性の維持を目指すためには、東シナ海の現状に対する沿岸国の共通の理解と改善に向けた取組みが必要不可欠であり、国境を超えた研究の推進と人材の育成が重要になります。それこそが、東シナ海の未来を、また海洋立国日本の未来を救う礎となるでしょう。

本講演会では、東シナ海の「魅力」と変動しつつあるこの海域の「環境」や「資源」の現状を広く伝えるとともに、海洋環境をどのように回復・保全するか、海洋生物資源を持続的に利用するには何が必要かを討議します。申し込みリンクはこちら

セミナー資料スケジュール
コメントを投稿

このブログの人気の投稿

RStudioとggplot():プロットができないとき

新年度は新上五島町へ

Epson LP-S5000のインストール (Linux)