若手人材育成プロジェクト(TT制度)シンポジウムについて

この間センターの忘年会で前日投稿したブログ(Nishihara Laboratory: TT会議)についてコメントがあった。

来年度大学がテニュアトラック制度についてのシンポをするよていです。内容はまだ100%きまっていないが、TT助教にまわってきた資料によると欧米のTT制度の意義や国内・長崎大学のTT制度についてが課題になっています。

ちなみに、あいかわらず和文のひどさに突っ込まれたが。やれやれ。So what?

ということで、英語に訳して、和文で分からない場合英語を参考にしてください。Ok! Ha!

=--=
So, the other day at our end-of-the-year party, some folks were commenting on a recent blog entry. This was regarding the tenure track symposium that the university is planning to conduct next February. According to the paperwork that was given to the TT profs, the symposium will address issues regarding the tenure system overseas (probably the US) as well as the system being tested in Japan and Nagasaki University. Of course, the topics are subject to change.

コメント

このブログの人気の投稿

RStudioとggplot():プロットができないとき

とても忙しい一週間

新年度は新上五島町へ