四本堂公園で藻場の予備調査

先週末、大村湾の西海岸にある四本堂公園で1泊2日の藻場調査を実施した。今回の調査の目的は(1)新4年生 (紙崎星美)に調査機材の使い方を教えること、(2)四本堂公園の藻場の状態の確認。

3月4日の朝9時に、荷物を積み込んだあと出発しました。



食料の買い物を終わったあと、四本堂公園へ移動。12時前に到着した。テントなどの準備が終わったら早速海岸へ。ガラモ場は海岸沿いに広がっていて、ウミトラノオとヒトエグサが特に目立った。



ことし修了する才津さんは熱心に海藻をとって、4年生の紙崎さんに説明してくれた。



海岸からは、藻場の様子を簡単に確認できるが、物足りないです。やっぱり水に入らないといけない。今回はウェーダと箱メガネしか持って行かなかったが、次回は潜水用具を準備していくことにした。ということで、次の調査の日程を決めないと。



久しぶりに、天然のヒジキも見れて良かった。



これがウミトラノオ。













今回の調査では思った以上の成果がでたので、満足したが特に喜んだのはD1になる井上くんかな。



コメントを投稿

このブログの人気の投稿

RStudioとggplot():プロットができないとき

新年度は新上五島町へ

今年度の研究室は今まだ一番大きい