高先生は9機のメソコゾム

高先生のグループはとにかく、研究費には困っていない。彼らは、湾の中に大きなイカダを作業プラットフォームにし、9つのメソコゾムや電源(5kWのソーラーパネルと電池など)も準備している。

ここで酸性かによる植物プランクトンや動物プランクトンの生物多様性や生産の動態を観測するようです。





石松先生がおちたらどうしようとおもっていましたが、無事にイカダからあがれた。

コメント

このブログの人気の投稿

とても忙しい一週間

RStudioとggplot():プロットができないとき

新年度は新上五島町へ