投稿した論文をとりさげました。

Aquatic Botanyに3年前とったデータを論文にして、投稿していた。結構いいところまでいって、適度に直せば受理されるだろうともエディターからいわれてた。が、最近似たような実験をしていて、あのデータを再現ができない。また、その理由もよくわからない。モラルのある研究者として、このようなデータを発表してはいけないとおもっているので、エディターに取り下げることをつたえた。

近年偽造データや嘘の論文の発表が相次いでいて、モラルの内研究者が増えているのではないかとおもう。データが再現できるから、科学が進むので、高い意識をもちながらコツコツと頑張りたいとおもう。やっぱり、ダメならダメだ。

英語ですが、取り下げられた論文を話題にするブログを参考に。あの琉球大学の教授の話も話題になっています。

A paper that I submitted to Aquatic Botany, which was based on data I took three years ago got some pretty good reviews. With some moderate revision, it looked like it would be published. However, recently I couldn't replicate the results. What is worse is that I don't know why I can't get the same data. An ethical scientist would never publish such data, therefore I let the editor know that I was declining the revision and retracting the submission.

Recently, there's been a lot of news about fake data and publications; there are a fair share of unethical scientists out there. Science only advances because we all can reproduce the results. Therefore, rather rushing and publishing garbage, I'd rather just take my time and send out the good stuff.

Check out the link above for a blog about published articles that got retracted.

コメント

このブログの人気の投稿

とても忙しい一週間

新年度は新上五島町へ

RStudioとggplot():プロットができないとき