小学生らがデザインした研究がBiology Lettersにでました。

小学生だって研究できる。

UKの小学校では、8~10才の生徒たちが、どうやら、ミツバチは色と空間関係によって、どの花の色からミツを集めるのか分かったらしい。

論文の図表はクレヨンで作って書いたもので、とてもわかりやすい。さらに、子供たちのしゃべり言葉をそのまま文書になっているので、論文は一回よむだけで理解できる。とくに、Material and Methodsのsection (e)のタイトルがお気に入りです。 Training phase 2 ('the puzzle') ... duh duh duuuuhhhだって。


Blackawton PS, et al. 2010. Blackawton bees. Biology Letters. doi:10.1098/rsbl.2010.1056

コメント

このブログの人気の投稿

RStudioとggplot():プロットができないとき

とても忙しい一週間

新年度は新上五島町へ