CO2 固定:捕鯨の影響

かつて、捕鯨が盛んにされ、貴重な蛋白源であった。僕も、大学院生のごろ鹿大で鯨の刺身などを試食したが、好きとはいえないが嫌いでもない。ちなみに、ハワイの友人に「鯨の刺身はまずくはないよ」といったら、「鯨殺しだ!」といわれた。

Anyways…

PlosOneにおもしろい論文がでた。鯨は二酸化炭素の固定に大きく貢献しているんだそうです。メイン大学のPershingらが発表した論文によると、鯨のバイオマスを捕鯨前のレベルまで戻せば、年間役3,600万トンの炭素を固定できるんだそうです。110,000ヘクタールの森林と同じ規模ですね。

ま、この面からみたら捕鯨をやめてもいいんではないのかな?燃料・労力もかかるし、世間はやかましいし。

コメント

このブログの人気の投稿

とても忙しい一週間

RStudioとggplot():プロットができないとき

新年度は新上五島町へ