新クロロフィル

クロロフィル。a,b,c,dの4種類が、光合成の中心物。

8月19日の「Science」にあらたなクロロフィル物質を記載された。University of SydneyのChenらはクロロフィル-fという物質を発見。どの植物にもあるクロロフィル-aと-bとちがって、このクロロフィルは710nm(赤外線)の波長の光がつかえる。

一般的には、光合成に必要な光エネルギーは高いものではないといけないという考えだった(波長の短いもの)。これで、教科書を修正しないといけないね。

コメント

このブログの人気の投稿

とても忙しい一週間

RStudioとggplot():プロットができないとき

新年度は新上五島町へ