第7回水産科学フェア

昨日の水産科学フェアは前年度より参加者が多いと感じた。学会用のポスターの説明や研究内容の紹介と魚の解剖を中心に、学生が一生懸命頑張ってくれました。個人的には、魚の解剖はサメの解剖と名づけた方が正しいと思うけどね。

そして、13:30のサイエンスカフェはKべ先生のヒラメの話。ベトナムから着ているT先生のよこにすわって、大村湾に生育するヒラメの話の通訳をした。分かりやすい説明のおかげで、訳しやすくてT先生も楽しめたそうです。さらに、U岡くんがヒラメに対してとてもいい質問をしたことに、「さすがだな」とおもった。

ところが後から聞くと、I松先生のヤラセだった。

コメント

このブログの人気の投稿

とても忙しい一週間

RStudioとggplot():プロットができないとき

新年度は新上五島町へ