光量子計がとどいた。

10m ケーブル付きの光量子計がとどいた。これはBiospherical Instruments QSPL-2101のものなので、水深2000mまでつかえます。SerialケーブルをCR1000のデータロガーにつなげたら、簡単に一日中のデータを記録できるのがポイントです。

コメント

このブログの人気の投稿

とても忙しい一週間

RStudioとggplot():プロットができないとき

新年度は新上五島町へ