波動型回流水槽の開発

最近、波動型回流水槽の開発で、いそがしい。先週、波の反射を防ぐために水槽のそこに砂利を1cmぐらいのあつさで押し広げた。出口のちころに砂利をつかって傾斜面をつくり、上流からくる波の反射もうまく防止することができた。

実は今、波を手動でつくっているが、注文したモーターがついたら機会化します。ところが、波の影響で現在使っているflow-conditioner「整流フィルター」の位置などがずれたりするので、ハニカムコアに切り替えようと考えている。海水を使っているので、劣化・錆びることのない素材がベストですね。一番いいのはプラスチック素材。googleで検索してみると、新日本フェザーコア株式会社という会社を見つけました。そちれでは塩化ビニール(PVC)素材のものを生産していて、ぜひ使わしてほしいが、まだ問い合わせの返事がこない。

コメント

このブログの人気の投稿

RStudioとggplot():プロットができないとき

とても忙しい一週間

新年度は新上五島町へ