梅雨の合間の調査

今朝8時にセンター出て、40分後に喜々津川についた。ペーロン大会のためのコースが準備されていた。うちらのブーイの位置がずれているのではっと思ったもしたが、気のせいだ。

やはり、天気のいい日の調査はたのしい!スムーズに回収できて、つぎの現場へ。東大村湾の定点での回収は楽でした。木村くんのアマモの実験資料もたくさんとれたが、そのうちの半分だけ実験に使えるんではないかな、とおもうな。

岡村さんもスーツをはいて、潜ってくれもした。カメラをもって、記録がかり。ここで紹介している写真は、オカムラ・プロダクション。実は、今回はフードを忘れていたが、潜ります!と宣言した。クラゲだらけなのに、よくも入ったな。また、マスクの曇りどめも忘れてきたといってたが、調査終了後にカバンのなかに入っていたことにきづいたようだ。やれやれだ。

4年生が来たことで、研究室はにぎやかになったきがする。

朝一の調査はいいね。

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

RStudioとggplot():プロットができないとき

新年度は新上五島町へ

今年度の研究室は今まだ一番大きい