論文苦戦・ファンド獲得

今年はいって、論文6本投稿したが、1本しか受理されなかった。現在2本は審査中。自分の研究は変わりすぎるのかな。「生物学的ではない」や「物理学的ではない」などのコメントが多い。さらに、エディターはレビュアーを確保そるために6ヶ月もかかっている。以前、Journal of Marine Systemsに投稿したものはそうであって、結局10ヶ月かけて、エディターは一人の審査員の判断でReject.いま、Journal of Phycologyもそのような気がする。先週Associate Editorに連絡とったところ、二人目のレビュアーを探しているところ。もう6ヶ月もたっている。

ま、それにしてもとりあえず、今年は始めて外部資金がとれた。今年は文科省のもの意外に、民間の助成金の獲得に挑戦してみた。民間の場合、和文での申し込みなので、かなりの時間がかかった上、同僚に大きなお世話をかけた。5つの助成金に挑戦しています。とりあえず、1採択1不採択、3報告まちです。

コメント

このブログの人気の投稿

RStudioとggplot():プロットができないとき

とても忙しい一週間

新年度は新上五島町へ