第7回ECS 学生の口頭発表



今の時代を生き残れる院生には共通のスキルがある。それは、英語での口頭発表。参加した学生はみんな頑張ったとおもう。正直にいうと、目立った人はいなかったが、9割の学生の英語をききとることができた。

センターで、F川くんの口頭発表の練習につきあったことがある。彼の練習の成果が見れてよかった。初めはテキストや論文から引っ張り出したような言葉を使ってて、分かりにくくて、不自然だった。本番はもっと話言葉をつかって、丁寧に説明したのでとてもよかったと思った。ところが、身内からのちょっといじわるな質問があったため、質疑応答はつまづいたようだ。やれやれ。

コメント

このブログの人気の投稿

とても忙しい一週間

RStudioとggplot():プロットができないとき

新年度は新上五島町へ