かしやまでの予備調査

土曜日にセンターのやつらとU澤さんと一緒にかしやまの沿岸へ行った。かれらはおもに魚類とベントスの採集をしていたが、僕は海藻をさがしていた。
潮間帯側にはウニが多くいて、海藻は全くなかったがソフトコーラルやエダサンゴなど奄美大島でみたような生物もいた。ところが潮下帯(水深3〜5m)の場合、サンゴ藻やSargassum意外の褐藻類はあった。前回行った場所と正反対ですね。
ちなみに、クラゲのおかげで腕中にとてもかゆいあかいてんができて、非常にuncomfortableです!

コメント

このブログの人気の投稿

とても忙しい一週間

RStudioとggplot():プロットができないとき

新年度は新上五島町へ