小値賀町ようの調査イカダができた!

今年から長崎県小値賀町の藻場再生活動をはじめました。未利用の二つの港の一箇所を借りて、栄養塩の添加が海藻の増殖を促すのかを調査します。自然環境においての活動なので、栄養塩を十分に供給できるかは不安です。

とりあえず、井上くんと国費留学生のDominic Bellezaくんに、環境モニタリング用のイカダを作ってもらいました。ちなみに、1番は卒業生の才津さんと小島くんが作ってくれました。

光量子量、海上の風速、気圧は履かれます。さらに、測器をたせば、海面下の光量子量や溶存酸素濃度なども測れる




コメントを投稿

このブログの人気の投稿

RStudioとggplot():プロットができないとき

新年度は新上五島町へ

Epson LP-S5000のインストール (Linux)