第3回R統計解析環境ゼミ:plot


今日は作図とANOVAの紹介をしました。

一番Basicのプロットは散布図です。コードはこちら

plot(ydata ~ xdata, data = maindata, type = "b", las = 1, pch = 21, col = "orangered", bg= "gold", lwd = 3, cex = 2, xlim = c(0, 10), ylim = c(0, 100), xlab = "X data", ylab = "Y data")


主なoption:

type (データプロットの形)
p - points
l - lines
b - both (points and lines)
c - similar to both, without the points
o - overplotted
h - histogram-like lines
s - stair steps
S - alternative stair steps
n - no plotting

las (軸ラベルのスタイル)
0 - 軸と並列
1 - 横向き
2 - 軸と垂直
3 - 縦向き

pch (プロット記号のスタイル)
25種類の記号があります。他の記号の指定できる。

col(記号の色)
colors()と言うファンクションをつかえば、ベースの600以上の色を選択できる。
rgb()のファンクションを使うと、16,777,216種類の色から選択でくる。また、alpha transparencyをつかえば、透過性のある色も使える。

bg(記号の背景の色)
記号21 ~ 25の背景を選択できる。

lwd(線の太さ)
データプロットの線の太さをしていできる。

cex(プロット記号の大きさ)
データプロットの記号の大きさをしていできる。

xlim(X軸の範囲)
X-軸の範囲を指定できる。

ylim(Y軸の範囲)
Y-軸の範囲を指定できる。

コメント

このブログの人気の投稿

RStudioとggplot():プロットができないとき

とても忙しい一週間

新年度は新上五島町へ